前へ
次へ

殴られた後に5年経って損害賠償ができるのか

これは私たちの人生でそんなに多く発生することはないのですが、例えば誰かに殴られて怪我をしたとします。
そのままほったらかしにしておいて5年が経過しました。
5年後に治らないので警察に訴えて損害賠償をすることにしました。
この場合損害賠償はできるのでしょう。
結論から先に申し上げますとそれはできません。
不正行為による損害賠償はその発生の時点から3年で時効になるということなのです。
ですから訴えるのであれば3年以内にしないと効果がありません。
法律的に認められないということですから、こちらの気分が治らないからといって相手を今更を訴えられるわけではありません。
ですがこれには特段のケースがあります。
殴られた相手の居場所を5年間知らなかった場合です。
そしてその居場所をようやく最近になって突き止めたとします。
このようなケースでは、その時点で相手を訴えて損害賠償をさせることができます。
こんな細かいことはやはり法律の専門家でないと無理なような気がしました。

Page Top