前へ
次へ

お見舞いすべき理由と損害賠償の請求額

何かのトラブルが発生した時は、加害者としてはお見舞いに行く事があります。
例えば車の衝突トラブルです。
追突のトラブルが生じた時に、自分が加害者になってしまうケースもたまにあります。
その結果、被害者から損害賠償が請求される事も実際あります。
状況によっては、かなり大きな金額になってしまう事もありますから、注意が必要です。
このため相手が入院している時は、お見舞いに行くのが望ましいです。
というのも損害賠償の請求額は「気持ち」で動く一面があるからです。
もしも加害者が誠心誠意謝った時には、被害者としても心を許してくれる可能性があります。
その結果、賠償額が減るケースも実際あります。
万が一の事があった時は、相手に誠意を見せる必要はあります。
ですが、全くお見舞いしなかった時などは、賠償額が増えてしまう可能性があります。
相手の気持ちを害してしまった時などは、増額する可能性も否定できません。
相手に対する気遣いは、とても大切です。

Page Top